美白サプリの副作用

 

美白に有効な化粧品よく使われる成分

 

 

美白というと専用の化粧品類がたくさん販売されていますし、基礎化粧とは別にスペシャルケアが必要だと思いがちですが、美白にはまず基礎化粧による保湿が重要です。これは美白用のスペシャルケアを行うとしても保湿が第一であることには変わりません。

 

美白化粧品の基本的な有効成分はどの商品であってもビタミンC誘導体がメインだと思います。ビタミンC誘導体は水溶性ビタミンであるビタミンCを加工し、肌の内部に吸収されやすくし内部で酵素の働きによりビタミンCへと戻る成分の総称で、汗腺から噴出する汗・水蒸気に溶けて外へと流れてしまうビタミンCの欠点を解決した画期的な美白成分です。

 

このビタミンC誘導体は、肌表面の湿気に強いだけでなくむしろ肌が潤っている方がよく浸透するのです。というのはビタミンC誘導体に限った話ではなく、肌表面が乾燥していると美容液等が乾いている表面に吸われてそこへとどまってしまい、奥の方へと浸透しないためです。

 

したがって、現在のほとんどの美白美容液等は化粧水をたたいた後か、あるいは化粧水と混ぜて塗ることが指示されていると思います。そして化粧水で直前に肌をしめらせるだけでなく、普段のケアによって保湿力そのものを高めておくことがさらなる美白効果の底上げにもつながってきます。

 

ビタミンC誘導体は種類によっては塗った後に肌が突っ張るものも少なからずあるため、美白と保湿は両立しないものというイメージがある人は多いようです。しかしながら両立するどころか、効果的な美白に保湿は欠かせないものです。

 

また、ビタミンCはシミやそばかすなどの原因となるメラニンをブロックするわけですが、美白化粧品以外にもサプリにも含まれます。外側は化粧品、内側はサプリを活用すると効果的です。参考:シミを消すサプリ

 

美白とターンオーバーの関係

 

美白に重要な要素と言えばいろいろありますが、やはりターンオーバーが最も重要な要素となります。ターンオーバーとは肌細胞が生まれてから古くなって角質として外へ押し出されるまでの、いわば肌細胞の一生を示す周期です。

 

肌細胞の一生においてはメラニン色素を多く含んで色が濃くなることもありますし、乾燥などにより角質化が早く進み透明感を失うこともありますが、一定期間で正常に押し出されればそれは肌トラブルとはならないわけです。

 

しかしながら問題を持った細胞や肌組織がいつまでも押し出されず滞留することがあり、これがシミやくすみなどができるメカニズムなのです。そして、正常なターンオーバーサイクルを維持するためには十分な血流が重要であり、これを維持するためには全身運動が非常に効果的です。

 

全身運動と血流・血行の関係はイメージ的にもよくわかっていただけると思います。冷え性やむくみがある人は定期的にウォーキングをするだけでこれらを効果的に改善することができますが、その理由は大きな足の筋肉を中心に全身の筋肉を稼働させることで、筋肉のポンプに押されて血液が勢いよく全身を巡り、末端の血流が大きく改善されるためです。このことは、美白にも大きな恩恵があるのです。

 

また、ストレスが肌トラブルの原因になることも経験上理解している人が多いと思います。軽い運動はストレス解消の意味でも効果的ですので、楽しんで行える全身運動を見つけ習慣にすることは美容上非常に意義深いことといえるでしょう。

更新履歴